黒金門跡

大手道を上るとこの黒金門で風景は一変する。後の城郭に多数見られる完成した虎口が出現する。二の丸への入り口であるこの虎口にあった門が黒金門である。この門を境に下は家臣団の屋敷、上は信長の住居ともいえる生活空間と天主などが存在し、黒金門より内側は主郭といっていい構造だ。城内で最大級の石垣を使用しその門の堅固さは、これより内側の大切さを物語る。鉄板張であったとの言い伝えからその名ががきている。