厩跡

大手道のすぐ左手の伝羽柴邸跡。近年の発掘調査によりその概要が明らかになっている。上段、下段と大きく二つに分かれ、画面はその下段に位置し、上段の望んでいる。この下段には厩があり、画面右側には脇扉のついた櫓門があったらしい。この櫓門、二階部分が渡り櫓としている最古の例であることから、安土城が近世城郭としての体裁を整えていたかが分かる。