なき友の 声が混じりて薄れゆく 逢魔ヶ刻に響く鐘の音